Menu

医師

腰痛の原因となる病気

腰部脊柱管狭窄症は、加齢に伴う腰痛の原因の1つとなっている病気です。背骨の内部を通る神経を納めた管が老化等によって狭くなり、痛みやしびれを引き起こします。軽症の場合は保存療法、重症の場合は外科療法などを用いて治療を行います。

男女

手術が必要かどうか

脳の血管が詰まると脳にある器官に血液が流れにくくなります。これが脳梗塞で、早期発見早期治療すれば壊死する前に機能回復も可能です。脳ドックなどで見つかっても今すぐ手術が必要なわけではなく、将来起きる可能性を意識して生活するようにします。

医者

下半身の痛みとしびれ

腰部脊柱管狭窄症は、骨がもろくなってきた中高年の方に多い病気です。腰部脊柱管狭窄症にかかる原因や出る症状についてご説明します。下半身に痛みやしびれが出た場合は、前かがみで歩いたり、腰をかかがめた動作を行う工夫が必要です。

女性患者

事前に行っておきましょう

脳梗塞を疑うような症状が出た場合はすぐにでも受診すべきです。また、入院の申し込み手続きや保証人の準備など、入院して治療をする場合に行うべき準備を事前に行っておけば、入院する本人は治療に専念可能ですし、家族はスムーズにサポートできます。

医者と患者

腰痛や下肢の痛みの原因は

腰椎にある神経が通っている脊柱管が圧迫されて神経障害が起きるのが腰部脊柱管狭窄症です。腰痛だけではなく下肢の痛みや、場合によっては筋力の低下や排尿排便障害が見られる場合もあります。保存療法から始まって手術療法が行われることもありますが、その治療には数万円から数十万円の費用がかかるのが一般的です。

血栓が脳の健康を蝕む

男女

早期発見が非常に重要

脳梗塞は国民病とも言われる程、身近な病となっています。三大疾病としてもとりあげられる脳卒中ですが、原因別に脳梗塞や脳出血に分類され、治療方法も変わってきます。名前や病状は何となく知っている方も多いと思いますが、詳細を見ていきますと、改めて気づかされる事もあります。今回は脳梗塞について詳細を見てみましょう。脳梗塞は、何らかの原因で脳の血管が詰まってしまい、血のめぐりが悪くなってしまうことで、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥ってしまいます。そして、その状態が続いた結果、発症した部位の脳組織が壊死してしまう症状のことです。血栓によって脳梗塞が生じるのは、脳の動脈硬化が原因とされ、血管の弾力性が低下したり、血液が流れにくくなってくるため血液が固まりやすくなります。こうしてできてしまった血栓が血液の流れを止め、脳梗塞を引き起こします。また、加齢と共に発症率も上がり、特に男性に関しては女性の1.7倍もリスクが高いです。高血圧、糖尿病、高脂血症などは脳梗塞の危険因子で、生活習慣病が大きく関わっており、治療には脳梗塞そのものの治療だけではなく、生活習慣を見直す必要があるのです。また、ストレスによる疲れも脳梗塞発症へ追い打ちをかける要因なので、更なる注意が必要です。では、万が一発症してしまった場合の対処をみていきましょう。血栓が詰まった場所により症状は様々ですが、半身麻痺、感覚低下、頭痛、めまい、吐き気や嘔吐、意識障害や昏睡状態などに陥る場合があります。厄介な事に、これらの症状が非常に軽いもので済んでしまう場合もあり、数分から数時間の発作程度(長くても昼夜)のため、自分でも気づかぬまま医療施設に行かず治療の機会を逃す場合もあります。しかし、この段階で医療施設にて脳動脈の状態の改善を行えば、大きな発作を予防する事ができるのです。