Menu

腰痛や下肢の痛みの原因は

医者と患者

保存療法や手術療法で

人間の背骨の中には脊柱管と呼ばれるものがあり、この中には大事な神経が通っています。しかし、何らかの原因によってこの脊柱管が圧迫されて狭くなってしまうと様々な神経障害が見られるようになってしまいます。特に頚椎と腰椎に起こりやすく、腰椎に起こる場合には腰部脊柱管狭窄症と呼ばれることもあります。腰部脊柱管狭窄症は重労働をしたり加齢によって引き起こされることが多く、主に60歳以上の人に見られる症状となっています。腰椎に起きる病気でもその症状は腰痛だけとは限らず、坐骨神経痛などの下肢の痛みに悩まされるようになったり、人によっては筋力の低下や排尿排便障害が見られるような場合もあります。そんな腰部脊柱管狭窄症ですが、治療はどこでどのようにして行うのか気になるという人も少なくないでしょう。一般的には整形外科や脳神経外科などで治療を行うことになります。腰部脊柱管狭窄症だからといって全ての人が手術を行うというわけではありません。多くの場合、まずは保存療法を行ってそれでも効果が出ないという場合には手術療法を行うことになります。また、腰部脊柱管狭窄症の場合には症状が進んでおり筋力低下や排尿排便障害が見られるといった場合には手術療法を選ぶことが多くなっています。その場合に費用は行われる手術によって大きな差がありますが、数万円の費用で済む手術もあれば数十万円かかるような手術もあるため医師とよく相談してから行うことが大切です。