Menu

下半身の痛みとしびれ

医者

原因と症状

脊柱管は、背骨や椎間板などに囲まれており、脊髄の神経が通っています。年をとると背骨が変形したり、椎間板がふくらんだりすることで脊柱管が狭くなって、神経が圧迫されることで痛みが起こります。腰部脊柱管狭窄症は加齢も原因ですが、重労働をしたときなどに起こることがあるようです。骨がもろくなってくる中高年に多い病気と言われています。腰部脊柱管狭窄症にかかると、下半身に痛みとしびれが出ます。腰部脊柱管狭窄症の症状には特徴があり、じっとしているときは症状がありませんけど、長い時間歩くことができません。散歩している最中に突然、太ももやすねなどの下半身に痛みやしびれが出て、歩けなくなることがあります。歩けなくなったときは、前かがみになったり、イスに腰かけたりすれば症状はやわらぎます。腰部脊柱管狭窄症の症状が進んで日常的な歩行が困難になる場合は、手術をすることもあるようです。手術をするまででない場合は、足にコルセットをつけたり、病院でリハビリを行うことで症状が改善する可能性があります。腰部脊柱管狭窄症にかかった場合、下半身に負担をかけないように姿勢を正すことが大切です。姿勢を正すと言っても、腰部脊柱管狭窄症の場合は、まっすぐ立つと痛みやしびれが出ますから、前かがみで歩くことになります。高齢者が杖をついて前かがみで歩いたり、腰をかがめてシルバーシートを押す姿勢は、腰部脊柱管狭窄症を防ぐ上で良い姿勢ということになります。