Menu

腰痛の原因となる病気

医師

老化した組織が神経を刺激

年齢を重ねるといわゆる「身体の節々が痛い」という感覚を体験する人が増えてきますが、中でもつらいのが腰痛です。加齢に伴う腰痛の原因となる病気は何種類かありますが、中でも多いのが腰部脊柱管狭窄症です。腰部脊柱管狭窄症は、背骨の中にある脊柱管と呼ばれる管状の空間が狭くなる症状です。狭くなる要因は遺伝的なものを含めていくつかありますが、最も一般的なのは老化です。加齢につれて骨や靭帯などが厚く・固くなり、脊柱管の中を通っている神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こすのです。腰部脊柱管狭窄症の特徴的な症状は、間欠性跛行です。これは、歩いているうちに足腰が痛み始め、しゃがんだり腰かけたりすると症状がやわらぐものの、歩行を再開してしばらく経つとまた痛み始めるというものです。悪化するにつれ、連続して歩ける距離が徐々に短くなってきます。その他、排尿障害や肛門付近のほてりといった症状が出ることもあります。腰部脊柱管狭窄症の治療法は何種類か存在し、症状の程度によって選択されます。比較的軽傷の場合は、保存療法が行われます。腰部をコルセットで固定するなどして安静を保っていると、自然に軽快することがあります。また、腰に負担のかからない姿勢を保ったり、歩行時に杖を使用したりするなど、日常生活における工夫によって痛みをある程度抑えることも可能です。症状が重く、生活に支障が出る程度であれば、神経ブロックや脊柱管を広げる外科手術などが選択されます。